実際に行ったことから個人旅行に役立つ情報を発信していきます! 旅行会社が教えてくれない情報が満載! 個人旅行でも自分の行きたいところ、自分のスケジュールが作れます!

【フランス旅情報】パリから日帰りで行く 大西洋のリゾート イル・ド・レ(レ島)

イル・ド・レ(レ島)の中心 サンマルタンドレ
目次

パリから日帰りで大西洋のリゾート イル・ド・レ(レ島)へ

フランス国鉄 TGV(特急)

今回はパリからSNCF(フランス国鉄)のTGV(特急)で約3時間15分でラ・ロシェルへ行き、そこからバスに乗り換えてイル・ド・レ(レ島)へ行ってきました。バスはラ・ロシェル駅から発着しています。”イル”とはフランス語で島を意味します。イル・ド・レ(レ島)は、港町ラ・ロシェルのすぐ対岸にあり、約3㎞のポン・ド・レ(レ大橋)でつながっています。大西洋に浮かぶリゾートでバカンスシーズンにはパリからたくさんの人々が押し寄せます。フランス人の友人も、毎年バカンスで1週間滞在しています。東西約25㎞、南北約5㎞(70mしかないところもあり)の小さな島で、フランス人はこの島で1週間から1か月まで、それぞれに合わせてバカンスを楽しんでいます。のんびり散策したり、サイクリングしたりして過ごし、食はシーフード(特に生カキ)やワインを楽しんでいます。

フランス南西部へはパリのモンパルナス駅からTGVが発着しています。パリの駅は行先によっては異なります。いつもTGVはSNCF(フランス国鉄)のサイトで購入しています。早めに購入すれば2等より1等が安いこともたまにありますので、逐一チェックすると良いでしょう。
参考:SNCF(フランス国鉄)

フランス人にはありえない行程ですが、どんなところかだけでも知りたくて日帰りで行きました。時期も9月上旬でしたのでまだ暑く、リゾートに行くには最高でした。

よかったらシェアしてね!
目次